蓄電池

蓄電池(リチウムイオン蓄電池)とは?

蓄電池は電気を貯めたり、使ったり出来る装置です。充放電を繰り返し行うことが出来るので、二次電池・バッテリーとも言われています。

現在主流となっているのがリチウムイオン蓄電池です。携帯電話やノートパソコン・電気自動車などにも使用されています。

家庭に置かれる蓄電池は家庭用蓄電システムと言われ、蓄えた電気を設置した家庭の中で使うものです。

深夜に貯めて、日中で使う。日々の電気代の節約

電気料金が安くなる深夜に電気を充電し、電気料金が高くなる日中の時間帯に放電(使用)することで、日中の電気購入量を抑えることができます。

太陽光発電との連携でさらに効果が。

蓄電池システムは電気を貯める(貯めた電気をいつでも使える)事が出来るため、日中にしか発電ができない太陽光発電システムとの相性が良いことで知られています。

運用の仕方によって売電量を増やしたり、買電量を大幅に削減したり、停電時に大きな力を発揮します。

日中は太陽光発電で電力をまかない、太陽光が不足する時間帯で蓄電池の電力を使用することによって電力会社からの電気量を抑えることができます。

深夜電力を蓄電池に貯め、日中に使用。太陽光発電システムでの売電量を増やすことができます。

非常用電源にもなるので突然の停電でも安心。

自然災害などの影響で停電が発生し、電力供給がストップした場合でも蓄電池に充電しておいた電力を一定時間使用する事ができます。

また、太陽光発電システムとの併設により、大規模な災害などによって停電が長引くような状況でも対応できるなど、大きな効果が見込めます。

今注目のスマートハウスに欠かせないひとつ

今注目されているスマートハウス。太陽光発電で電気を創り、蓄電池で蓄え、HEMSで管理して家庭内の電気をかしこく、効率的に使うシステムに蓄電池システムは欠かせないものになっています。
太陽光発電を既に設置している方や、これから設置を検討している方が居ましたら是非アークまでご相談ください。

詳しく知りたい方はこちら(PCページ)へ

CONTENTS