寒冷地向け暖房用エアコン

 
-20℃でも大丈夫!
なかなか、寒い北海道ではエアコン暖房では、真冬には役不足では?という
イメージがあります。
ですがそれも今は昔!
一昔前のエアコンと比べ、現在のエアコンは暖房機能が非常に優れています!
ほくでん(北海道電力)がおすすめしている「あったかエアコン」は、
外気温が-25℃でもメーカーが動作を保証するものをいいます。

例えば、三菱のズバ暖霧ヶ峰(寒冷地向けエアコン機種)は、
-10℃でも室温最高30℃を実証していますので、北海道の厳寒期でも
あたたかく過ごせます。
部屋全体が暖かい!
エアコン暖房のいいところは、部屋の空気を滞留させるので
お部屋全体が温まること。
暖房器具を付けても、なかなかお部屋のすみっこがあたたまらない…
なんてことがありません!

また、最新のエアコンにはセンサーが搭載されており、
部屋の中を自動的に快適な温度に保ってくれます。
火を使わず、かつ本体も壁がけなので、誤って触ってしまい火傷する
心配もありませんので、小さなお子様がいるご家庭でも安心して
お使いいただけます。
意外と安い電気代
やはり気になるのが電気代。
みなさん、冬場はどれくらい光熱費がかかっていますか?
実は、エアコンって消費電力が年々安くなっているんですよ。
そもそも、エアコンに使われているヒートポンプシステムは、
空気から熱を生み出す為、ヒーターで同等に温めるのと比べ
約1/3程の電力で温めることが出来ます。(※霜取り運転の為、ヒーターも
一部使われておりますが、部屋を温めるのに使うのはヒートポンプです)
ヒートポンプとは?
エアコンはヒートポンプシステムを採用しています。
大気中から熱を取り出すのがヒートポンプです。
熱は圧縮すると、高温になるという特性があります。
圧力鍋で調理すると、短時間で料理に熱が通りますね。『圧縮』を利用して
大気中の『熱』を高温に変えているのが「ヒートポンプ」という仕組みなのです。
ではヒートポンプで加熱するまでの流れを簡単にご紹介します。
この作業が、エアコンの中で行われているのです。
しかし、大気中の『熱』を集めるためには、もうひとつ役者が必要です。
それが「冷媒」といわれるもの。
エアコンは、ノンフロン冷媒を使っているので、
環境に優しいのです。