太陽光発電のデメリット

太陽光発電のデメリット

設置後のトラブルが社会問題化

施工会社の選択を誤ると、未熟な工事による雨漏り事故や電気系統不備による火災トラブルなどの予期しない事態に巻き込まれる危険性があります。
その施工会社の実績や、どのような施工方法を行い、どのように品質管理しているか、しっかり見定める事がとても大切です。

新聞記事

未熟な施工力による、雨漏り事故や転倒落下事故の発生


未熟な施工力で施工を行った結果数年後に雨漏り事故が発覚したケース。施工会社もなぜ雨漏りするのかを理解できず施工を進めており、気づいた時には大損害というケースもあります。


工事不良によるパネル架台の転倒事故。安易な施工方法で架台を設置していた為、強風で架台ごと転倒し破損。

違法工事が多発!全てメーカー保証対象外!

近年、特に多く見受けられるのが、違法に設置された太陽光発電です。
北面に設置されていたり(一部、特例を認めているメーカーもございます)角度の低い屋根にそのまま設置(水はけが悪いため、各メーカーごとに角度の基準が設けられています)されていたり、屋根一面にびっしりと設置され、今後のメンテナンスはどのようにするのだろうかと心配になるご家庭もあります。



屋根下部にはメンテアンススペースが あるものの、上側には全く歩けるスペースが 無いため、いざメンテナンスをしようと思うと、 都度、屋根足場等が必要となり、大変。


屋根から完全にはみ出して設置されているケース強風時には、パネルが吹き飛ばされる可能性が高くとても危険な状態です。

設備の入れ替えが必要なものもあります

10~15年が交換・修理の目安です。

音が気になる方もいらっしゃいます

「パワーコンディショナ」は、稼動する際には非常に周波数の低い音を発生します。一般の大人には聞き取れない程度の音ですが、聴覚が鋭い方や、鼓膜がまだ柔らかいお子様の耳には届くことがあります。お子様がいらっしゃるご家庭は設置場所をしっかりご相談下さい。

夜間には発電ができません


太陽光発電システムは、その名の通り太陽の光を受けて発電するものです。
そのため太陽光の出ていない夜間には発電はできません。


蓄電池も同時に設置すれば大丈夫です!
TOSHIBA 定置式家庭用蓄電池システム エネグーン

パネルに雪が積もると発電しない

パネルに雪が乗っかってしまうと発電はしません。しかしながら北海道や雪国には雪国仕様というものがあります。太陽光発電システムの角度を調節し、雪が滑り落ちるように設置するのです。
とはいえ、北海道などの寒冷地は太陽光発電に向いてないと思われがちです。
しかし、実は気温が寒いほど太陽光発電システムには有利なんです!なぜ??
それは、パネル自体が熱くなると発電効率が落ちるからなんです!気温が10℃違うと発電効率が5%も違うんです。
つまり、北海道などの寒冷地という事はデメリットでもあり、メリットでもあるわけです。

お問い合わせは0120-377-700まで!【電話受付時間】9:00~18:00

メールフォーム

上に戻る

概算お見積り
詳細お見積り
太陽光以外のお見積り・お問合せはこちら
オール電化の魅力 社員募集中

商品紹介

施工実績

オンラインセールのご案内

店舗案内