新電力事業

「電力自由化」って?

2016年4月1日から実施された電力の小売り自由化のことです。
これまで一般家庭などでは、既存の大手電力会社10社(北海道電力や東京電力など)からしか買うことができなかった電力を、 全ての消費者が電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになりました。

自由化以降の電力契約を行う事業者は大手会社も含めて一般に小売電気事業者と呼ばれますが、 大手会社以外の新規参入組の電力会社が「新電力」と言われています。

「新電力(PPS)」って?

電力自由化以前は大手電力会社である、一般電気事業者(北海道電力・東京電力など)とは別の特定規模電気事業者(PPS)の事でした。
電力の小売全面自由化の実施に伴って全ての電力販売事業者は小売電気事業者と呼ばれるようになりましたが、 上述の通り一般的には大手会社以外の新規参入組の電力会社を指して「新電力」と言われています。

新電力は現在参入が活発化しています。料金体系や付随されるサービスなども電力会社により様々です。
電気料金や割り引き、ポイント付与などの価格面、今までにはなかった面白いプランやサービス、環境に配慮された電力源など、 消費者側の好みやニーズに合わせた電力会社を選ぶことができるのが、電力自由化の、ひいては新電力の最大の特長と言えるでしょう。

新電力の切り替えはどうすればよいの?

1.切替えしたい電力会社への申込み
各電力会社のサービス窓口や、電話などで切替の申込みをしてください。
会社によってはホームページで申込みが出来るところもございます。 現在契約している電力会社への解約手続きは切替先(申込先)の電力会社が手続きを行います。

また、新電力会社の代理店を通しても契約する事が可能です。 2.スマートメーターへ交換
申込み後、「スマートメーター」と呼ばれるメーターの交換工事を行います。(交換自体は無料です)
停電はあっても5分ほどで、立ち会いは不要です。(すでにスマートメーターに交換されている場合は不要です)

3.切替先の電力会社との契約の開始
スマートメーターへの切り替え工事が必要な場合は約2週間、すでに切り替わっている場合は4日ほどで切替先の電力会社の電力をご利用いただけます。

※切替の際には、登録されている小売電気事業者かどうか、経済産業省・資源エネルギー庁のホームページで確認をしてください。
※また、小売電気事業者の代理店などで契約をする場合、事業者さんへの確認も必要となってきます。
※契約の際は、契約内容や供給条件などをよく確認した上で契約して頂く事をおすすめします。

詳しいことはアークまでお問合せください

アークでも電力自由化に伴った小売電気事業の取組みを始めています。
最新の情報は随時公開させて頂きますが、詳しい話を聞いてみたい方は是非お問合せください。

メールフォーム

上に戻る