小形風力発電のご案内

近年導入が増えている再生可能エネルギー「風力発電」

風力発電は、自然の風の力を利用した発電方式です。自然の風を受けて回る巨大な風車を準備し、その回転エネルギーで電力を得る仕組みです。 太陽光発電や水力発電と同じように再生可能エネルギーのひとつで、自然環境に優しいエネルギー源と言われております。

欧米では風力発電は大きく普及しており、デンマークでは国全体の電力の2割が風力発電でまかなわれていると言われています。
日本では欧米諸国に比べて普及が進んでいませんでしたが、近年再生エネルギーとして注目され本格的に導入され始めています。

風力発電のさまざまなメリット

風力発電は太陽光発電とは違い、一定の風力があれば日中深夜問わず24時間発電をする事が出来ます。
発電時に地球温暖化の原因となるCO2も発生がしません。 また、風力発電は、風力エネルギーの約40%を電気エネルギーに変換ができるため、効率が良いとされています。

その他にも、
・安定した風力の得られる海岸線の長い日本に適している
・再生可能エネルギーを利用しているので、外部からの影響を受けにくい
・大気汚染の原因になるものも排出しない
など、地球環境にやさしい、クリーンなエコエネルギーとして注目され、普及が進んでおります。

固定買取価格55円/kWh。小形風力発電導入による高い投資効果

小形風力発電は、固定価格買取制度において20kw未満の風力発電のことをさします。
平成28年度の固定価格買取制度(FIT)における20kw未満の風力発電の売電価格は55円/kWh(税別)という、高い水準で適用されています。
高い経済効果に加え、風さえあれば24時間発電可能、風況によっては想定以上の発電量が見込めるのが小形風力発電の魅力です。
加えて、導入後の固定買取価格の期間は20年間。国によって保証された安定した収入が見込めるため、投資としても注目されています。

お問合せは是非アークまで

株式会社アークでは小形風力発電のお取扱いを始めております。
詳細を知りたい、小形風力発電の導入をお考えの方は是非アークまでお問い合わせください。
最新情報についても随時公開していく予定です。

メールフォーム

上に戻る